ここから本文

AnyWireASLINK system

AnyWQ Sensor Solution(iQSS)は、e-F@ctoryにおける、センサ領域のソリューションです。

エンジニアリングツール、シーケンサ、GOTなど総合的なアプリケーションとセンサ制御をシームレスに結合します。

生産現場で使用されるセンサは、ますます高機能化が進んでいます。予防保全やトレーサビリティの実現など、センサの使用数も増える一方で、立上げ時の調整、稼働後のメンテナンスなどに膨大な手間やコストがかかってしまいます。
iQSSは様々なセンサメーカと連携し、One Toolで設定、メンテナンスなどが実施できるソリューションです。

AnyWireASLINKはiQSS に対応し、「診える化」機能を搭載したASLINKSENSOR(アズリンクセンサ)と三菱電機の様々なFA機器とのシームレスな連携を実現しています。

FB(ファンクションブロック)ライブラリ

FBライブラリは、三菱電機のGX Works2のシンプルプロジェクトで使用可能なFB部品集です。
FBライブラリを使用する際は、GX Works2から必要なFBをインポートしてプロジェクトに取り込んでください。

【FB についての説明】

GX Works2クイックスタートガイド

【ご使用方法】

GX Works2 Version1 オペレーティングマニュアル(シンプルプロジェクト編)

【AnyWireASLINK のFB ライブラリ】

AnyWireASLINK FBライブラリ

【仕様および機能】

AnyWireASLINKマスタ用FBリファレンスマニュアル

Edgecross(エッジクロス)はFA領域とIT領域を繋ぐオープンなプラットフォームです。

Windows上で動作する「Edgecross基本ソフトウェア」が中心となり、現場のデータを集めてくる「データコレクタ」、集まったデータを活用するための「エッジアプリケーション」「ITゲートウェイ」が一体となり、異なる装置、異なるコントローラ、異なるネットワークの差を吸収。IoTの導入を容易にします。

AnyWireASLINKはEdgecrossに対応しています。PCI Express用AnyWireASLINKマスタI/F(B2P8-E01)を使用し、専用データコレクタをインストールすれば、AnyWireASLINKが収集してきた様々な現場のデータをEdgecrossプラットフォーム上で取り扱うことが可能になります。

▲ ページTOPへ